モリー・バング&ペニー・チザム『いきているひかり』さくまゆみこ訳
『いきているひかり』
モリー・バング&ペニー・チザム作 さくまゆみこ訳
評論社
2012.03

太陽の光や植物の役割と、私たちが生きていることの関係を、ときあかしてくれる絵本です。『わたしのひかり』の姉妹編ですが、こちらもすてきな楽しい絵がついています。ほんとにいい絵なので、ながめているだけでも楽しい。普通の科学絵本や知識絵本とは、そこが違います。ペニー・チザムさんは、長年エコロジーについて教えてきたマサチューセッツ工科大学の教授です。
(編集:岡本稚歩美さん)