『ぼくはマサイ〜ライオンの大地で育つ』
ジョゼフ・レマソライ・レクトン著 さくまゆみこ訳
さ・え・ら書房
2006.02
原著:FACING THE LION: GROWING UP MAASAI ON THE AFRICAN SAVANNA by Joseph Lemasolai Lekuton, 2003

 原マサイの著者が書いたノンフィクション。ケニア北部の遊牧民の子として生まれ、キリスト教の学校に入り、伝統文化と西欧文化の間で悩みながら成長した著者の半生記。ライオン狩りの恐怖、初めて学校に入ったときのとまどい、伝統的な遊牧民の暮らし、サッカーで大統領の応援を受けたこと、アメリカに渡るときの不安などが、素朴で真摯な語り口で語られていきます。渇きで死にそうになったとき牛の鼻をなめて生き延びたという話など、びっくりするようなエピソードも。
 著者のレクトンさんは、その後1年の半分はアメリカで教え、もう半分はケニアの遊牧民の福祉のために活動していましたが、今はケニアの政治家になっておいでのようです。
(編集:服部義治さん)